| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゲーム内感度など


       ____         / ̄ ̄ ̄\
       /___ \      /  ___ ヽ
    /  |´・ω・`|  \    /   |´・ω・`| \ 皆さんこんにちは、SPYGEAです。
   /     ̄ ̄ ̄   \  / _,    ̄⊂二二)
   |  i          ヽ、_ヽl |        |
  └二二⊃         l ∪  |          |
     |   ,、___,    ノ    |    ,、   |
     ヽ_二コ/   /     ヽ  / \  /
   _____/__/´     __ヽノ____`´

さて今回は質問に頂いておりました
「 感度はいくつに設定してますか?、
それとハイセンシ、ローセンシ長所と短所を教えてください。
好きなステと得意なポジションも知りたいです。 」


これについて書いていくよ。

感度に関しては、スコープ覗いている時と覗いていない時で
同じような感度にしているので
SF1ではDPI500 ゲーム内感度45
SF2ではDPI500 ゲーム内感度17 スコープ時34
注意しないといけない点は
SF1はスコープ覗いている際の感度は、
DPI(マウスで設定するもの)で変更しないと変化しないため
まず最初はDPI変更して、スコープ感度から調整するのをお勧めします。

ハイセンシ、ローセンシのメリット、デメリットですが
真後ろ、または真上からの敵に瞬時に反応できるか、
細かいAIMが安定しているか否かの違いかと思います。
勿論、ハイセンシは予想しないとこから敵がいても
瞬時に反応できますし、
ローセンシの場合は細かいAIMが安定します。
メリット、デメリットは双方の対称価値だと考えます。

どのセンシ(感度)が良いか
これが絶対と言うものはありません。
自分にとってやりやすいものが良いでしょう。
私は手首を目一杯振って、180度振り向ける感度に調整しています。

最後に好きなステージですが
SF1では 衛星 というステージが好きで
好きなポジションはセンターと言われる通路の箱の裏です。
単純にエンカウトが早いエリアで、箱裏ポジションに入れるか
打ち合いで勝てるか、という単純ではあるけれど
ガチガチのAIM勝負ができるので好んでプレイしています。

SF2では 工事現場 というステージが好きです。
好きなポジションは特にはありませんが
見通しが良いステージのため
スナイパーが生きてくるマップだと思います。
しかし、グレネードも各ポイントに通りやすいため
固定位置に留まるのは避けるようにしています。

んだばな。

┏ニコニコ生放送でゲーム配信しております。コミュニティに入ってね!



無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱WebMoney ぷちカンパ
スポンサーサイト

| ぎあ直伝集 | 11:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

芋について

おばんでがんす、SPYGEAだ。

皆さんが俗に言う"芋"とは実際どういったものなのか。
私はこう解釈しています。
" 味方の位置など関係なく、攻め側であるものの
 リスポーン付近の有利ポジションで時間一杯まで留まること "


これはスナイパー、アサルト関係なくそう思っています。
ただ、一般チャンネルに設立されているルーム
"野良"と言われるルームでは構わないと思います。
実際のところ、私も野良では味方の位置などそこまで
気にせずプレイしていますし、報告も少ない野良では
自分一人で敵を削るスタンスでいます。
・・・ですが、クラン戦ともなると話が違います。

時には"芋"という戦術も有効かもしれません。
しかし、自分一人が前線から外れているため
4対5と一人少ない状況と同等の状態になりかねないことを
頭に入れておかなければいけません。
また、相手が人数をかけて一人いるポジションを
制圧にくる場合もあります。
"芋"とは基本的に味方との距離が離れがちなので
味方からのカバーはまず期待できないでしょう。
上記の点をふまえて使い分けると
戦況によっては"有効"な場合もあります。

んだばな。
┏ニコニコ生放送でゲーム配信しております。コミュニティに入ってね!



無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱WebMoney ぷちカンパ

| ぎあ直伝集 | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私が思うFPSの面白さ

家の中でも白い息が出ます、SPYGEAだ。

人それぞれFPSの楽しむポイントは異なると思いますが、
私自身がどこで面白く感じるか、楽しいと思えるのか考えてみました。

人によってはグラフィックが綺麗、敵を銃で倒すのが楽しいという
新鮮な楽しみ方をしている方もいるとは思いますが
私の場合、何年もFPSをプレイしている上に
数えきれない程キルを重ねているためにマンネリ化している。

・・・では、どこで楽しさを感じているか
私の場合は不利な戦況で追い詰められるほど楽しく感じます。
圧倒的な人数不利、不利状況からの爆弾設置
俗に言う"詰み"の状況から少しでも打開できるルートを
考えることが楽しく感じます。
数学と一緒だと思っていて、課せられた難題に
グレネードの有無、敵の位置、味方の有無、自分のHP
これらの情報から方程式にあてはめ、
答を得るために一つ一つクリアしていく。
相手が強いチームであればあるほど無理難題を強いられます。

私が思う"FPSの楽しさ"はこうゆう所にあるのかなと感じます。
また、NPCと戦うわけではなく人と人が戦うからこそ
FPSは面白いのだと私は思う。

┏ニコニコ生放送でゲーム配信しております。コミュニティに入ってね!



無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱WebMoney ぷちカンパ

| ぎあ直伝集 | 01:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私がオフライン大会で心掛けていること

ごきげんよう、SPYGEAです。

今日はオフライン大会に出場する度にしている事を書いていくよ
これといって特別なことはしてないよ。

レッドブルを飲め
―エナジードリンクはプラシーボ効果
そうは言われてはいるものの
飲むことで勝率が1%でも上がろうものなら
迷わず飲みます。実際効果は無いかもしれない
けれど、気持ちの切り替えとして欠かさず飲んでいます。

練習時間を確保せよ

―試合の前に各チームにデバイスセッティングの時間が
割り当てられます。デバイスセッティングが完了次第
練習時間に充てる事ができます。
用はセッティングの時間が短ければ短い程
練習時間を確保できるわけです。
プロファイル保存できるマウスなど使用して
短時間で設定を終えるようにしましょう。
また、USBサウンドカードをいつも使用していれば
オフラインでもいつもの音質でプレイできます。

常に勝利のイメージを
―試合前はとても緊張するものですが
そこでネガティブにならず
自分が思う理想の勝利のイメージをします。
世界大会のときなんかになると会場も大きくなるので
その場に飲まれないよう音楽を聴いてイメージしてます。
効果があるかは分かりませんが、ここ4年、幾つも大会に出場し
ほぼイメージ通りに実現しました。
またチームによってはモチベーションを高めるために
円陣を組んだり、ラウンド開始前に掛け声をしている所もありますね。
私はどちらかというとやりたい派ですが
STRIFEはやらない派が多いので少し残念。

肘から机に置け
―マウスを動かす際に手首、又は肘から動かす2タイプに
別れると思います。私は前者の方です
普段家では肘置き付きの椅子に肘置いて
机と平行の高さでマウスを動かしています。
机に肘置くスペースがあれば置きますが・・・
オフライン大会では肘付きの椅子なんて用意されていないので
肘は机に置くようにしましょう。
そうすれば、椅子の高さがいつもと違う場合でも
然程変わらないでしょう。

こんなところです
あくまで"私の場合"なので軽く読み流してください。

んだばな。
┏ニコニコ生放送でゲーム配信しております。コミュニティに入ってね!



無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱WebMoney ぷちカンパ

| ぎあ直伝集 | 23:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。