2012年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Racpy入った後の話をしよう

覚えている範囲で少し話しを書いていこうと思います。
前回の話からの続きで 
昔話Mozaiku-crescendo編 昔話crescendo編 昔話-Racpyに入るまで-
新たにspygeaが加入しRacpy始動となったわけです。
メンバーはYuti Akiris Rkp Kid spygea
そしてRacpyの名前の由来は各メンバーの頭文字から取って繋ぎ合わせたとの事。

crescendoRacpyとの戦い方はまったく異なり
スナイパーとして求められる動きもまったく違い
始動当初はかなりお荷物だった。

Racpyはサイトを取るまでのプロセスがガッチリ決められていたけど
crescendoはスナイパーの削り待ちが多かったり、
作戦があってもスナイパーの動きは
ほとんど自由だったためにそうゆう立ち回りが癖ついてた。

Racpyの活動時間は毎日10時半からスタートで
終わりの時間は決めてはいなかったけれど
Kidさんが社会人で仕事していたためにKidさん次第でやめていたはず。
ここでRacpyのエースアサルターであるKidさんの話をしてみる。
かなり稀ではあったのだが、いつものように仕事から帰ってインするKidさんだけど
明らかに機嫌が悪い日がある。
そうゆう日はチームの雰囲気もどこかどんよりしていて、非常に気まずかったのだけれども
Kidさんはキレてる時が一番強い。
普段から一人で特攻し必ず勝ってくる程の勝負強さではあったが
キレているときは更にアグレッシブで、"手が付けられない"とはまさにこの事だと感じた。

という事で毎日クラン戦の日々で、特に濃い練習という練習はしておらず
クラン戦で負けた時などに話し合いなどはするものの
普段の活動は連携力維持、Aim調整、モチベーションの維持というのが
当てはまっていたかもしれない。

月日は経ち、日本代表決定戦に出場するためのクランを決める
スペシャルフォースリーグが開催された。
とはいってもオンライン上で対戦するというわけではなく
日ごろのクラン戦での成績で上位のチームが選ばれるというものだった。
Racpyは3位通過でなんとかオフライン参加権を得た。
当時この選出方法はとても不安でクラン員が多いクランは
試合回数も稼げるし、5人固定のRacpyはとても辛かった記憶があります。

そんなこんなで東京で開催される日本代表決定戦に参加することになったのだが
オフライン大会への参加は初めてだし、ましてや一人で遠出なんて初めてで
Racpyの面子とは直接話した事も無いし、顔も知らなかったから正直不安でした。
東京への交通費も支給がなかったのかな?覚えてないけど
とにかくパニくってた記憶がある。

そんな時にMozaiku時代によく遊んでいたIceMan
神奈川からわざわざ宮城まで迎えにきてくれるという
IceManには非常に悪いことをした・・・本当に感謝してます。

という事でIceManの車に乗り神奈川を目指した。
関東圏に入るにつれて景色も高層ビルばかりになり
田舎っ子の俺はとても興奮したのを今でも覚えてる。
その日は大会前日だったのでIceMan宅に泊まりました。
IceMan宅は隣にコンビニがあって、
彼曰くそのコンビニは"俺の冷蔵庫だから"と言ってたのを今でも覚えてる。

そうして大会前日は何事もなく時間が過ぎ
大会当日を迎えた。
その時まだ重要な物を忘れた事に気付いていなかった・・・

また続きは後日書きます。
たいして面白くなくてすみません。

んだばな。
┏ニコニコ生放送でゲーム配信しております。コミュニティに入ってね!



無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱WebMoney ぷちカンパ
スポンサーサイト

| spygea軌跡 | 21:43 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。